ヘッダー画像

ぷろふぃーる

おばきょん

Author:おばきょん
不器用なのに、細かいことが好き。転勤族なので、できるときに出来る事をね。チェロは2007年8月からレッスン通い、点訳は2003年くらいから勉強始めて、そして型染めは2008年4月からといろいろしてます。写真もたのしんでます♪

こよみ

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

き じ

ぐりむす

こめんと

かてごり

ぶろぐむら

ブログランキング・にほんブログ村へ

つきべつ

    
            

チェロ教室

2008/07/22
category - がっき
コメント - 4
                         
2週間ぶりの教室。
華さんとは、前回お休みだったので、久し振りの再会。
やっぱ4人揃うとうれしい

スタジオに入って、私の使うチェロの弦が1本緩んでいたからなのか…

音階からスタート。
あんなに練習したのになあ。
全然あきまへん
のっけから駄目だわ~~

あれ?
次はなんだったっけ?
そうだ、新しい練習曲に指番を教えてもらっただけで、後は、どんな風に弾くかは宿題でした~~。

そして、いつもの「ラルゴ」。
これも練習したのになあ。
音がとれましぇん
好きな曲だけに寂しい。
次回から、違う曲になります。
またまたこれも宿題。
どうやって弾こうか…

かえりは、仲間と近くのサテンで、ケーキを食べて、かえりました
めにゅー カップ   メニューに、高いけどおいしいと書いてありました
おいしかったです。
そして、レトロなカップが、いい


                
関連記事
スポンサーサイト
                
                                      
            

コンサート

2008/07/21
category - 催し物
コメント - 0
                         

3連休の最終日。
またもや予定が入ってます。

今回は、埼玉の合唱団の結成35周年記念。
本人達にとっては、1大イベントなんでしょうね。
会場いっぱいでした。 ぱんふ


合唱といえば、受難曲とか、ミサ曲が多を聴くのがおおいのですが。
今回も。

「バッハのミサ曲 ロ短調」
2時間ぐらいの曲ですが、普通休憩無がパターン。
メンバーにご老体が多い?からなのか、休憩がありました。
冷房のききすぎで、冷えひえの身体になった私にも、助かりました
                
関連記事
                
                                      
            

オケ連&美術館&歌舞伎

2008/07/20
category - 催し物
コメント - 0
                         
今日は、恐怖のオケの練習日。
3回目? 
いえ、いえです~

今回から、いつもの指揮者の方の指導による練習開始です。
結構きびしいんで、あまりにもひどいと集中して、パートで、弾かされる
こわいよん
来週は、私達お休みするので、、次回までには多少なりともできるようになっていたい。

午後からは、昼食もそこそこに日本橋へ。

三井記念美術館で、開催されている「日本の夏」。
結構バブリーな建物、そして、中もすんごいすてきでした

tennjikai



その後、今月の歌舞伎観劇。
夜の部です。
「夜叉が池」、「高野聖」どちらも歌舞伎歌舞伎していないからなのかなあ。
大向こうの方の声が1つもなかった
玉様の着ていらした、浴衣が素敵ですかぶき

玉様


時間がないので、着物を着られなかったですが、結構着物びとが多かった。
それも紗!紗!紗!!
私も欲しくなっちゃった。

                
関連記事
                
                                      
            

今日も着物でお出かけ

2008/07/19
category - きもの
コメント - 2
                         
またまた暑いです。

今日は能の先生でもある、叔母の年2回開かれている”能会”に夫といってきました。
殆んど定例になってます。

叔母の出番が終わって、狂言を観ただけで、次の予定の出光美術館へ行き、そして、大宮に戻り、夕食。
あわただしい1日でした。
能   つまみ
                
関連記事
                
                         

続きを読む

            
            

着物でおでかけ

2008/07/18
category - きもの
コメント - 0
                         
で、点字サークル仲間の懇親会に、着て行きました。
ひと月ぶりのきもの。

暑気払いも兼ねて、ハリポタの前の、「がんばりましょう会
私がかんじでした。
おいしい物が食べられて、皆さんによろこばれました。
良かった

少し飲みすぎたかな?
はじめて、バスを一駅乗り過ごしてしまった(汗)
ま、おかげで、歩道橋の上から、綺麗な満月を見られたので
                
関連記事
                
                         

続きを読む

            
            

夏着物!

2008/07/18
category - きもの
コメント - 0
                         
ないとおもってた
たんなるおもいこみでしたわん
だって、結構ほどきましたもんねえ。
が、買ったはずの麻帯があったはずと探したところ、ありました
一式、桐の衣装ケースに入ってた。
きょねん、3箱の衣装ケースを買った時に入れ替えたんでした。

夏着物5点
5枚も!

これは、着なくちゃね。
去年の写真を見たら、この中の3枚着てたし
                
関連記事
                
                                      
            

和裁教室

2008/07/17
category - つくる
コメント - 0
                         
どうなんでしょ
       綸子」

ピンクが好きで、買いあさっていた反物の1つ
綺麗な色に惹かれました
素敵な薔薇刺繍
実は、これ、今日から仕立て始めたもの
先週から、あれやこれやと、先生と相談して、きめました。

前回の反物と同様に、七五三の反物だそうですが、着尺は12メートルとたっぷりです。
これで、2千円ちょっとしかしなかった
でも、可愛すぎるのと、柄を合わせられないのとで、つもりにしてた羽織は却下
やっぱ、予想通り(?)、無双袖の長襦袢になりました。
地厚なので、袖の裏は、八掛で

2週間後の和裁教室までに、背縫いと脇縫い、袖の印付けが目標です。
                
関連記事
                
                                      
            

夏着物

2008/07/16
category - つくる
コメント - 2
                         
3枚同時に進めていた、着物、帯、羽織もでき、少しばかし休憩していたチクチク

暑い日が続き、縫う作業が大変かもしれないとおもいつつ、いよいよ再開です

        K3200041.jpg
左が格子のしじら、右は、母の着物を、洗い張りした紺の麻
同じような色合いになっていまった

しじらの背縫いと脇縫い、そして、袖を2着分縫いました。
夏着物が殆んどなく、浴衣で出かけるしかないので、早く仕立てたいのですが、針の通りが悪く、毎度の事ながら、なかなか思うようにできない


ま、暑いので、着るかどうかわからないけど~

                
関連記事
                
                                      
            

朝は、点字、夜は四谷でのコンサート

2008/07/15
category - 催し物
コメント - 0
                         
朝から暑い!
それでも、点字のサークルに行き、私の担当した本を、最終校正者に、お渡しできたのがかな?
点訳本も、終了したので、とりあえず、ホッと一息の皆さん。
の~んびりムードの例会でした

しか~し!!
来週、ハリポタ
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る
が発売になると同時に、怒涛の点字攻撃が始まるんよねえ
・・・・・・・・・・・・・・
この本を、待っている人のためにも、がんばらねば


午後は、お楽しみのコンサートへ。

ほてる 紀尾井ホール


上左はホテルニューオオタニ。
その前にある「紀尾井ホール
ここへ来るのは、7年ぶりかな? 
大好きなウィーンフィルのメンバーが出演しているので、もう20年近く通っている”PMF”のコンサート
ここでするのは久し振りだから…。

駅を出て、一瞬迷いましたが、意外と道筋を覚えているものですね。
スムーズにいけました。
上智大の横を通り、道が開けてところに、このホテルがある。



         パンフ

今年は2公演のみで、今日のメインはベートーベンの7重奏曲。
パンフの説明には、「重々しい荘重なリズムと、セレナーデに特有の行進の際の上下の揺れのような動きを持つ」と。
難しすぎる
兎に角、弾くのがとても難しそうでした。
コンサートマスターが、珍しく、納得できないのか、アンコールにこたえるのが苦痛の感じでした







                
関連記事
                
                                      
            

希望します。

2008/07/14
category - 催し物
コメント - 0
                         
20年前に、はじめて"なま"で観た歌舞伎。
それが、「椿説弓張月」(ちんせつゆみはりづき)、三島歌舞伎作品。

椿説

衝撃的な、歌舞伎デビューでした

4年前に2回目。

たぐいまれなる弓の達人である、源為朝が主人公のおはなしで、大スペクタルな長編。
とても、面白いです。
3回目の興行では、宙ずりもやってる。
猿之助だもん。
玉三郎さんも出てた。

今までに、3回しか上演されていないんよ。

その内、2回観にいってます。
恵まれているって云うか
これってすごいかも。

ちょっと前の話しで、染ちゃんがやってみたいと云ってた。
(先代の幸四郎が1、2回目に出ていて、2回目は主役だったのですから、とうぜんかな。)

うんうん、すごくあってるとおもうよ。
染ちゃん以外いないともうよ。
早くしてくれないかなあ。
まってるよ~~~~~~!

松竹さんよろしく。

以前、原本を借りてみたのですが、まるで、ちんぷんかんぷん

この写真にある、原本現代訳を見つけたので読みましたが、かなり残虐。
こんな時代だったのよねえ
原著が滝沢馬琴、挿画が葛飾北斎。
                
関連記事